メニュー

CSRCorporate Social Responsibility

健康経営への取り組み

当社は、企業行動憲章において「社員の人格と個性を尊重するとともに、安全で働きやすい職場環境を確保する」ことを掲げており、社員一人ひとりの安全と健康維持・増進がその基盤であると考えております。これらの実現のため、以下のとおり健康宣言を制定いたします。

健康宣言

  1. 会社と健康保険組合が相互に協力し、社員の健康維持・増進に取り組みます。
  2. 多様な働き方に対応する制度・環境の整備に取り組みます。
  3. 社員が自らの健康維持・増進に主体的に取り組むことを積極的に支援します。

写真:健康保険組合との共催による健康ウォーキングイベント

健康保険組合との共催による健康ウォーキングイベント

推進体制

当社は、人事総務部門担当役員を社員の健康管理の最高責任者とし、人事総務本部健康管理室および健康保険組合が相互に協力して、健康維持・増進にかかる施策を推進します。

健康維持・増進への取り組み

栄養指導

生活習慣病および予備軍と診断された社員に対して、栄養士による栄養指導を行なっています。また、栄養のバランス、カロリー摂取量の上限を定め、その基準を満たした「ヘルシーメニュー」を本社(名古屋)の社員食堂で週に2回提供しています。

写真:健康保険組合との共催による健康ウォーキングイベント

本社社員食堂の「ヘルシーメニュー」

メンタルヘルス

年に1回全社員に対してストレス調査を行い、適宜、社員あるいは職場の上司・管理者などを対象に、産業医による指導・支援を行なっています。また、新入社員やライン長などを対象に、メンタルヘルス研修を継続的に実施しています。

社内エクササイズ

毎週1回、ストレッチを中心とした社内エクササイズを実施しています。インストラクターの指導のもと、10分間程度軽運動をすることで、ストレス発散、疲労回復、仕事の能率アップ、気分転換につながることを目的としています。また、リフレッシュの目的以外にも、エクササイズを習慣づけ、結果的に運動不足の解消、体力増強、肥満防止につながることを狙いとしています。

このページの先頭へ