メニュー

CSRCorporate Social Responsibility

企業行動憲章/社員行動規準

企業行動憲章

企業行動憲章の柱:顧客の満足と信頼の獲得、人権尊重・ルールの遵守、良き地球市民としての活動

岡谷鋼機グループは、持続可能な成長を目指し、社会的責任を果たすとともに、経営品質の継続的改善、内部統制の充実・強化に努めることにより、企業価値を高める。
株主に対して、最大限の還元を行うべく努力する。
取引先に対して、諸機能をグローバルに活用し、その最適調達に貢献する。
社員に対して、公正な処遇の実施と多様な自己啓発の機会の提供を通じ、活力に満ちた組織の醸成と総合力の発揮を期待する。

岡谷鋼機は、本憲章に基づき国の内外を問わず人権を尊重し、関係法令、国際ルールおよびその精神を遵守することを宣言するとともに、世界市場においてものつくりに貢献する感性豊かな"グローバル最適調達パートナー"を目指す企業活動を通じて、良き地球市民としてとるべき行動を本憲章により社内外に明示するものである。

  1. 多様化する社会的ニーズに応え、社会的責任を果たすため、当社とステークホルダーとの間の合意事項を遵守する。また、顧客に対し最適な商品・サービス・情報の提供に努め、顧客の満足と信頼を獲得する。
  2. 公正、透明で自由な競争ならびに適正な取引を行う。また、政治、行政、取引先等とは健全かつ正常な関係を保つ。
  3. 株主はもとより、広く社会とのコミュニケーションを行い、企業情報を公正に開示する。また、個人情報・取引先情報をはじめとする各種情報の保護・管理を徹底する。
  4. 社員の人格と個性を尊重するとともに、安全で働きやすい職場環境を確保する。
  5. 環境保全に効果的な商品・サービス・情報の提供を推進するとともに、省エネ・省資源および汚染の予防に努めるなど環境問題に対して主体的に行動する。
  6. 良き地球市民として、地域および社会に対し貢献活動を行う。
  7. 市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力および団体とは断固として対決し、関係遮断を徹底する。
  8. 事業活動のグローバル化に対応し、各国・地域の法律の遵守、人権を含む各種の国際規範の尊重はもとより、文化や慣習、ステークホルダーの関心 に配慮した経営を行い、当該国・地域の経済社会の発展に貢献する。
  9. 社員に対しては、別途「岡谷鋼機社員行動規準」を定め、各人がこれを日常的に実践するよう継続的に啓発する。
  10. 本憲章の精神実現が経営トップ自らの役割であることを認識し、率先垂範の上、グループ会社を含めた全社員への周知徹底と社内体制の整備および見直しを継続して行う。また、本憲章に反する事態が発生したときには、経営トップ自らが問題解決にあたり、原因究明、再発防止に努め、社会への迅速かつ的確な情報開示を行うとともに、権限と責任を明確にした上、自らを含めて厳正な処分を行う。

2005年2月1日制定(2012年1月 部分改定)
取締役社長
岡谷 篤一

社員行動規準

私達は、「岡谷鋼機企業行動憲章」の考え方をよく理解し、主体的に以下のとおり行動します。

  1. 私は法令、社内規則等を遵守し、健全な競争を実践するとともに、倫理観を高めるよう努めます。
  2. 私は顧客志向の発想をベースに、機能ある業務に意欲を持って挑戦します。
  3. 私は営業活動等においては、公正、透明で自由な競争ならびに適正な取引を行ないます。
  4. 私は岡谷鋼機グループ環境方針を遵守します。
  5. 私は良き市民として地域及び社会に貢献するよう努めます。
  6. 私は国際的な活動においては、現地の文化や慣習を尊重して行動します。
  7. 私は岡谷鋼機企業行動憲章、法令、社内規則、その他コンプライアンスに著しく反する行為を目撃した場合は、企業倫理相談窓口に相談します。

2005年2月1日制定
取締役社長
岡谷 篤一

このページの先頭へ